イイヅカ歯科医院

イイヅカ歯科医院の
ホームページです

トップページ > 診療案内

診療案内

小児歯科

お子さんを歯科治療恐怖症にさせないために、当院では始めての患者さんには、いきなり治療は始めません。治療になれるまでユニットにすわり、練習します。

3才以上のお子さんは原則として、お1人で治療を受けさせて下さい。お母さんがそばについていると甘えていつまでも我がままになり歯科医師およびスタッフとの信頼関係が築けなくなります。

お子さんが治療中に泣いても「○○ちゃん泣いてはダメよ」などと声をかけないようにして下さい。

お子さんの前で、大人たちが歯科治療に対する「痛かった体験」を話すのはさけて下さい。

「言うことをきかないと注射してもらう」とか、「良い子にしていないと歯を抜かれちゃう」などと、お子さんを脅すようなことは決して言わないで下さい。

昔と比べれば、治療機械や技術も向上したとはいえ、歯科治療の多くは不安なものです。
われわれスタッフ一同、協力して、大切なお子さんの歯を守って行きたいと思います。


れんらく帳

中学生までのお子さんにお口のれんらく帳を渡しています。
これがあればどこに虫歯があり、どこを治したのかすぐにわかります。なくさずに保管して再来院時にお持ち下さい。

歯周病治療について

歯肉炎

歯肉炎の場合、炎症は歯肉部分に限局しています。その為歯槽骨のレベル(点線の部分)は下がっておらず、ほとんどの症例で簡単なスケーリング(歯石を取り除くこと)と歯磨きで治癒します。

歯周炎

歯周炎になると、歯槽骨にまで炎症が波及してきて 歯槽骨のレベルが下がっているのが認められます。わずかに動揺もしてきます。この段階になると、簡単なスケーリングで歯石を完全に取り除くことは 大変困難で、小手術が必要になる場合もあります。当然ここでも歯磨きは重要となります。

重度歯周炎

この段階までくると、歯槽骨のレベルは根先にまで達しています。動揺も顕著で、治療は前段階よりもさらに困難になり、抜かなければならない歯も多数でてきます。


歯周病の治療(治癒)過程

歯周病の治療(治癒)過程を説明いたします。
  1. では歯周病に罹患している歯とその周辺組織の断面図が示されています。歯周ポケットが形成され、その中に歯垢や歯石が入り込んでいます。歯肉は腫脹し、排膿が認められることもあります。また歯槽骨は炎症 により破壊されています。

  2. 歯ブラシによって除去できるのはこの部分までです。これより下の部分の歯垢や歯石は 歯科医師や歯科衛生士が器具を使って除去することになります。

  3. 歯石が取り除かれた状態です。

  4. 歯周ポケットが消失しました。この段階になるとブラッシング(歯磨き)だけで汚れを落とすことが可能となります。その後メンテナンスへと移行していきます。

歯肉は発赤、腫張があり
歯石も多量に付着している

健康な歯肉がとりもどされた
(この状態を長く維持することが大切です)



ページ先頭へ
  • イイヅカ歯科医院
  • 静岡県三島市壱町田72-7  TEL 055-988-1414
  • 診療時間 9:00〜12:00 14:00〜18:30(土曜日17:00まで)
  • 休診日:木曜日、日曜日、祝祭日
  • Copyright (C) 2007 イイヅカ歯科医院 All rights reserved.